ボトックスエラの効果は絶大【筋肉にアプローチするタイプの施術】

サイトメニュー

手軽に小顔になれる

顔に触れる女性

筋肉の動きを無効化

ガッチリしたエラは他人の注目を集めやすいため、その視線に日々重圧を感じている場合、自分に対して必要以上に自信を失くしてしまうことも致し方ないことです。ところが、今ではチクッと注射を打つだけで小顔になれるボトックスエラ治療があり、想像以上の手軽さでコンプレックスを解決できることから人気になっています。ボトックスエラ治療は数多くの美容整形外科で提供されており、この施術を提供していないクリニックを探す方が難しいほど、大人気の小顔治療なのです。ただし、ボトックスエラ治療はエラの筋肉にアプローチするタイプの施術のため、骨格に問題がある場合や、脂肪太りの場合には、残念ながら効果は望めません。ですが、咬筋が張り出してエラが巨大化している場合では、ボトックスエラ治療が非常に有効な治療方法となっており、多くの方が小顔を実現しています。コンプレックスを解消できれば自分のことがもっと好きになれ、自信を持って人と接することができる点も、ボトックスエラ治療の人気を押し上げているのです。ヒトはアゴを動かす際に咬筋を使いますが、筋肉である以上、使用回数が増えるに従って大きくなり、やがてエラが張り出す原因になります。そして、それを回避する唯一の方法が、美容整形のボトックスエラ治療です。この治療で使用するボトックスは、神経伝達のシナプスに働き掛けるという特徴を持っており、筋肉の動作を止める効力があります。イメージとしては、テレビリモコンの赤外線発光部を、手で塞いでしまうような状態です。手で赤外線を遮断してしまえば、いくらリモコンのボタンを押しても、テレビ本体が反応しないように、ボトックスの作用でエラの咀嚼筋も無反応になるのです。これにより咬筋の使用が大幅に抑えられ、エラの張り出しも小さくなっていきます。また、筋肉はトレーニングをすれば短期間でも強化されるように、固い物やガムなどを好んで召し上がっていれば、エラもそれだけ大きくなるのです。しかも食事だけでなく、無意識に行う歯ぎしりでも咬筋が大きくなるため、エラが巨大化する原因はそこかしこに点在しています。つまりボトックスエラ治療は、それらの筋肥大を無力化できる数少ない方法となっている訳です。

女医

エラを目立たなくできる

ワキガや多汗症の治療でも使われているボトックス注射は、エラが張っている部分に注射すれば小顔効果があります。ボトックスエラの効果はとても大きいので、悩んでいる方はカウンセリングから始めてみると良いでしょう。

注射

悩みは簡単に解決できます

厳ついエラの張りは骨ではなく咬筋の発達によって起きていることが多く、その治療にはボトックスエラが有効です。ボトックスエラで使用する薬は医療でも使用するとても安全なものです。ボトックスエラならば安全に理想の小顔を手に入れることが出来ます。

水着姿の女性

美容整形外科でエラを改善

施術中の痛みが気になる場合、ボトックスエラ注射の治療先は、痛みのコントロールに長けた美容整形外科を選ぶと良いでしょう。そして、治療を申込む時は電話かネットでカウンセリングの予約を入れ、当日に話を聞いて了承したら、その場で治療を申込みます。

看護師

注射で出来る様々な治療法

美容整形において注射で出来る施術には様々な種類があります。ボトックスエラ治療による小顔矯正やシワ取りが代表的な治療ですが、多汗症治療や痩身術にも使われます。費用はシワ取りが2万5千円?4万円、小顔治療は1回あたり2万円が相場です。

注射

気になる針の太さは

採血や献血で使う注射針よりも、かなり細い注射針を使用しますので、ボトックスエラ注射は痛みや内出血のリスクが小さいのです。また、ボトックスエラ注射で用いる注入薬には、熱に弱いタイプと、そうでないボトックスがあります。